借入とは

消費者金融 Information

借り手にとっての商取引での借入とは

貸金業者からの借入とは、商取引になります。
友人などからの個人からの借入とはかなり違います。

たとえば、業者からのお金を借り入れた場合、
必ず、定期的に返済していく必要があります。
つまり、個人からの借り入れのように、ある時払い、催促なしということはあり得ないのです。

そういった部分で、業者からの借入とは厳密な返済計画が求められるものだと言えます。
商取引としての借入とはそれほど厳しいものなのです。

審査では返済能力を推し量るけれど

当然、貸金業者は、客に返済能力があるかを調査して、あると認定した人にだけ融資を行いますが、
返済能力というのは、毎月、自由になるお金がどれだけあるかということで、
貸金業者の審査ではそれを調査しきれない部分があります。

というのは、年収を調べることはある程度出来ますが、
その収入を毎月どういったことに使っていて、生活費などを除くと、
いくら返済に回せるのかということはわからないからです。

つまり、客の立場からすれば、貸金業者が自分に対して、
返済しきれない限度額を設定することもあり得るということになります。

借り入れは返済できる範囲で

なので、貸金業者と契約した場合、借入限度額を借りるお金の目安にするのではなく、
あくまでも、自分が返済出来る範囲でお金を借りるようにしましょう。

そうしないと、返せる範囲を超えてお金を借りてしまい、
返済出来なくなるということも起こる可能性があるからです。

心配なようであれば、設定されている借入限度額を下げてもらうといいでしょう。

利用者の職業別に考える

消費者金融情報

札幌の消費者金融

Copyright 消費者金融 Information. ALLRIGHTS RESERVED.