消費者金融と銀行の切っても切れない関係

消費者金融 Information

消費者金融はできるだけ貸したい

お金を借りることを考えた時、いちばん気にかかるのが、審査に通ることができるのか?
借りることができるのか?ではないでしょうか。

消費者金融側から考えた場合【できるだけ貸したい】というのが本音でしょう。
というのも、消費者金融などの預金業務を行っていない貸金業者は、
お金を貸した金利分のみが収益となっているので【お金を貸す】という行為は、
例えばスーパーでいうところの利益を得る方法という意味で【商品を売る】ことと同じことです。
商品を売らなければ、利益を得ることができないわけです。

ただし、返済できない人に対して貸してしまうと、
利益どころか貸した分のお金すらも返ってこないというリスクがあります。

こういったリスクをできるだけ避けつつ、できる限り貸付をしたい。
という基準が、審査における基準となっているのです。

消費者金融自身もお金を借りている?

銀行の場合には、預金業務を行っているほか、その他にも多くの資金を持っていますから、
貸付を行う際には、その資金を貸すことで貸付サービスを行うことができます。

しかし、消費者金融の場合には基本的には貸付のための資金はありません。
もちろん大手業者や、古くからの業者であれば、ある程度の資金は持っていますが、
それだけでは足りないほど、多くの貸付を行わないと、利益を得ることは難しいです。

そういった理由から、消費者金融も銀行などから資金を借入れて、
その資金を貸し付けているわけです。消費者金融も銀行に対して、
利息を払わなければなりませんから、一般の利用者に貸し付ける際には必然的に、
銀行よりも高い金利を設定しているのです。

まあ、銀行から借りるといっても、一般の利用者のような感覚で借りている訳ではありません。
特に最近では、銀行と資本提携している消費者金融業者も多くなりましたが、
こういった方法で資本を調達することで、銀行での貸付に匹敵するような、
低金利での貸付を可能としているともいえます。

銀行もたよりにしている消費者金融

消費者金融と提携する銀行にも、銀行側の事情があります。

これまで、銀行での貸付はどちらかといえば、
企業などの法人向けの融資がメインでした。
しかし世界的な不況や、数年前のリーマンショックを原因とする経営破綻など、
大資本を抱える銀行にとっても非常に厳しい状況が続いてきました。

そういった状況の中で、個人向けの小口融資にも力を入れ、
より多くの貸付から利益を得る必要がでてきました。
それには、よりスピーディーな審査を行わなければなりませんが、
これまで銀行での比較的厳格な審査は、時間をかけて行うのが通例でした。
そこでスピーディーな審査を行うノウハウを熟知している、
消費者金融と提携する銀行が増えたのです。

利用者の職業別に考える

消費者金融情報

札幌の消費者金融

Copyright 消費者金融 Information. ALLRIGHTS RESERVED.