主婦が消費者金融を利用する条件

消費者金融 Information

主婦が消費者金融を利用する条件

消費者金融は今は総量規制によって様々な規制を受けています。
以前と比べて、主婦が消費者金融でのキャッシングが
難しくなった背景にはこの法規制が関係しています。

総量規制とはそもそもキャッシング利用者側に
対する規制ではなく、消費者金融会社に対しての規制です。

基本的には収入がなければダメ

以前、消費者金融での多重債務によって、
返済不能や自己破産者が増えてしまった事態を受けて、政府は法律改正に踏み切りました。

対策として最も大きなものは、上限29.2%までの
グレーゾーンと呼ばれる高金利を廃止して、上限金利を20%まで引き下げました。
これ自体は、利息が下がるので消費者にとってもありがたい法改正です。
しかし、改正されたのは金利だけではありませんでした。

消費者金融で無理な借り入れをできないように、
消費者金融側に対して貸し付けの条件を定めました。
有名なのは、総額で年収の1/3を超える金額の借り入れの禁止です。
これにより、すでに年収の1/3を超える金額を
借り入れしている場合には、新たな借り入れはできなくなりました。
そして、総量規制での制限は、専業主婦の借り入れに対しても規制を設けています。

パートなどの収入がある主婦ならばキャッシングは利用可能です。
しかし、収入のない専業主婦ならば年収の1/3を超える
借り入れが禁止されている以上、1円だってキャッシングができません。

業者によっては条件付で可能

しかし、もし配偶者に安定した収入がある場合には、
二つの物を用意すれば専業主婦であっても消費者金融からの貸し付けを認めています。

それは、配偶者の収入を証明する書類と、配偶者の同意書です。
消費者金融は、この二つを用意できた場合に限って、専業主婦への貸し付けを許可されます。

ただし、これは総量規制による規制であって、
実際にそれらを用意できたとして、
貸し付けを行うかどうかはその消費者金融の判断に委ねられます。
つまりこれらを揃えることができれば
必ずキャッシングができることを保証できるわけではありません。

利用者の職業別に考える

消費者金融情報

札幌の消費者金融

Copyright 消費者金融 Information. ALLRIGHTS RESERVED.