消費者金融における会社員の位置付け

消費者金融 Information

消費者金融における会社員の位置付け

会社員に関しては、自営業と公務員の中間に存在する職業です。
その会社員に関しても、消費者金融の中ではランクがあります。

まずは、一部上場企業の会社員が、もっともランクが上になります。
ただし、会社役員の場合には雇用形態が異なりますので、これにはあてはまりません。
次にランクが高いのは、上場こそしていないが大企業の会社員です。
そして次に中小企業、最後に零細企業という順番になります。

自営業の場合

次に、自営業に関してはどうでしょう。自営業といっても、ピンからキリまであります。
普通にお店を経営されている方もいるでしょうし、芸能関係の人も、ある意味自営業と言えます。

いくら自営業で収入が多いからといっても、
消費者金融にとってはあまりポイントの高くない職業です。
というのも、自営業はとにかく不安定だからです。

芸能人を見ればそれは一目瞭然なのですが、
稼げる時はそれは億単位の収入になることもあります。
しかし、稼げない時は全く稼げません。
これでは「継続安定した返済能力」は、到底望めませんね。

公務員の場合

では公務員に関してはどうでしょうか?
公務員というのは、消費者金融の審査においてはもっとも有利な職業です。
公務員は解雇されることはありませんし、急激な収入ダウンというのもありません。
消費者金融では、継続安定した返済能力というのをもっとも重要視しています。
この基準に照らし合わせれば、公務員はまさに理想的な職業なのです。

また、雇用形態も会社においては重要です。
もっとも消費者金融にとってポイントが高いのは、正社員であることに疑いの余地はありません。
次いで準社員で、その下に派遣やパート、アルバイトというような雇用形態が続きます。
派遣などでも、消費者金融でお金を借りることは可能です。

次のページでは、アルバイトの場合について考えてみたいと思います。

利用者の職業別に考える

消費者金融情報

札幌の消費者金融

Copyright 消費者金融 Information. ALLRIGHTS RESERVED.